ブログトップ

風流荘風雅屋

buttonde.exblog.jp

お上品を目指す、のんき節

ムーミン

2010年12月22日
【ムーミン】トーベ・ヤンソンの作品集【イラスト・挿絵】

フィンランド出身の作家、トーベ・ヤンソン
(Tove Marika Jansson)。「ムーミン・シリーズ」の
生みの親として有名ですね。とっても可愛いんだけど、
どことなく恐さも含んでいる彼女の絵は、
一度見たら忘れられない不思議な魅力が詰まってます。
ムーミンをはじめとした彼女の作品、集めます!

c0072801_1212478.jpg
出典www.stellabooks.com
『アリス』のイラストレーション◆トーベ・ヤンソン

世界的に人気のアリスのイラストレーション。
いろんな作家さんがアリスを描いてますが、
ヤンソンも描いてたんですね♪



c0072801_1231014.jpg
出典www.flickr.com
雑誌『ガルム』の表紙◆1940年代◆トーベ・ヤンソン
ヤンソンによるヒトラー。
そして、「GARM」の"M"の下には・・・!

c0072801_1242482.gif
出典www.moominland.com
ムーミン◆トーベ・ヤンソン
ムーミンたちムーミントロール族は、冬眠する生き物です。
なぜ冬眠するのかというと、彼らのご先祖さまが
ず~っとそうしてきたから。
冬の長いフィンランドならでは・・・
といった感じがしますね。
でもムーミンは冬眠の途中で目がさめ、
ムーミン一族の中ではじめてオーロラを見て・・・

c0072801_1254560.jpg
出典lacontessa.tumblr.com
ムーミン谷の彗星◆トーベ・ヤンソン
劇場版アニメーションや、パペット・アニメーション化も
された名作『ムーミン谷の彗星』。

c0072801_1265814.jpg
出典images.suite101.com
ムーミン◆トーベ・ヤンソン
1954年にイギリスのイブニング・ニュース紙でムーミンの
連載を開始したのですが、ヤンソンが描いたのは1959年まで
で、その後は弟のラルス・ヤンソンが引き継ぎ、
1975年まで連載したんだそうです。

c0072801_128466.jpg
出典www.flickr.com
ムーミン谷◆トーベ・ヤンソン
北欧のお祭りって、"光"をとっても重要としてるから、
すっごく神秘的に見えるんですよね。
ヤンソンの絵や物語にも、それが垣間見えます。

c0072801_1293175.gif
出典nanseka.seesaa.net
ムーミン線画◆トーベ・ヤンソン
ヤンソンの絵で特徴的なのは、イラストにクロスハッチングの
表現が、ほとんど見つけられないこと。
こんなに細かい絵で、階調も豊かなのに・・・!

c0072801_12103867.jpg
出典www.flickr.com
『ホビットの冒険』イラストレーション◆トーベ・ヤンソン
J・R・R・トールキンによるファンタジー小説
『ホビットの冒険』のフィンランド版にイラストを
つけています。
『ホビットの冒険』といえば、『ロード・オブ・ザ・リング』
の続編(時系列的にはこっちの方が続編なんだけど)として、
映画制作が決定してますよね!

c0072801_12135960.jpg
出典www.schildts.fi
誠実な詐欺師◆1982◆トーベ・ヤンソン
1982年に発表された小説
『誠実な詐欺師(Den ärliga bedragaren)』。
すごく意味深なタイトルに、意味深な表紙イラスト。

c0072801_12153827.jpg
出典www.flickr.com
スナフキン◆トーベ・ヤンソン
冬の来る前に南へ旅立ち、春の訪れとともに
ムーミン谷に戻ってくるスナフキン。
彼の生き方に共感を覚える人も多いですよね。

c0072801_12164396.jpg
出典fiktionogkultur.dk
ムーミン・トゥーティッキー◆トーベ・ヤンソン
トゥーティッキーは、ムーミン一家の水浴び小屋に
冬の間だけ住んでいる、落ち着いた性格の女性。
小説『ムーミン谷の冬』、『ムーミン谷の十一月』
に登場しています。

c0072801_12175087.jpg
出典www.metabunker.dk
ムーミン・スノークのお嬢さん・スナフキン・スニフ
◆トーベ・ヤンソン
ムーミンが手を引いてる子、原作の『ムーミン』シリーズでは
「スノークのお嬢さん」って呼ばれてますけど、アニメでは
"ノンノン"やら"フローレン"って呼ばれてましたよね。

c0072801_12185534.jpg
出典www.flickr.com
ムーミンとムーミンママ◆トーベ・ヤンソン
ちっちゃなコップな並んでいるのが可愛らしいです。
ムーミン、どうしてこんな表情しているのでしょう?

c0072801_12195396.jpg
出典www.flickr.com
ムーミンパパとムーミンママ◆トーベ・ヤンソン
ムーミンパパとムーミンママのロマンチックなワンシーン。
月夜の演劇でしょうか。

c0072801_1221215.jpg
出典www.flickr.com
絵画◆1952年◆トーベ・ヤンソン
ムーミンのときとはまた違ったタッチ・色彩の絵ですね。
日本ではあまり知られていないのですが、ヤンソンは
一般向けの小説も多く書いているのですよ。

c0072801_12222690.jpg
出典blogs.myspace.com
スナフキン・ミイ、他◆トーベ・ヤンソン
いろんな国の言葉で書かれた「平和」の言葉が印象的な1枚。
第1次大戦が勃発した年に生まれた彼女が発する
このメッセージは、とても胸に響きます。

c0072801_12233223.jpg
出典www.flickr.com
冬季オリンピック◆トーベ・ヤンソン
ムーミン谷の面々が雪合戦。
・・・そういえば、雪合戦がオリンピック種目に!
という話もあるようですが、どうなったんだろう??

c0072801_12243224.jpg
出典www.flickr.com
アルカディア(桃源郷)◆トーベ・ヤンソン
水墨画のような作品。
タイトルを聞いて納得・・・。

c0072801_12254440.jpg
出典towardsamagazine.wordpress.com
線画◆トーベ・ヤンソン
ほのかな恐さと愉快さが共存しています。
月明かりに惹き込まれそう・・・!

c0072801_12272928.jpg
出典www.tove-jansson.ru
ムーミンママ◆トーベ・ヤンソン
怪しげなムーミンママ・・・と、思うなかれ!
実はムーミンの家の地下には彼女専用の薬剤室があり、
家族の誰かが病気になった際は、薬剤室に篭って
薬の調合をしているのです!
やるお方です、ムーミンママ!!

c0072801_12293841.jpg
出典www.tove-jansson.ru
イラストレーション◆トーベ・ヤンソン
ヤンソンは1971年と1990年の二度、来日しています。
日本のこと、気に入ってくれたでしょうか?

c0072801_1231551.jpg
出典culturalesbiana.blogsome.com
ムーミンとミムラ◆トーベ・ヤンソン
ミムラ姉さんは35人もの兄弟姉妹の長姉。
日本でも人気のスナフキンは、このミムラ姉さんや
ミイの弟って知ってました?異父兄弟なんですよ、実は。
意外と複雑な人間(?)関係かも(^_^;)

c0072801_123489.jpg
出典www.tove-jansson.ru
ムーミン谷◆トーベ・ヤンソン
ヤンソンによるムーミン谷の地図。
画面右上にムーミンの家がありますね。

c0072801_12371269.jpg
出典majaluning.blogspot.com
ムーミン◆トーベ・ヤンソン
元々北欧では、トロールは人間にとって
気味のわるい生き物であるとされています。
ヤンソンも叔父さんから、「夜中に背後から息をふきかけて
くるトロール」の話を聞かされたという記述があるそうです。

c0072801_12382429.jpg
出典culturalesbiana.blogsome.comムーミン◆トーベ・ヤンソン
「ムーミントロール」という名前は、北欧の伝説に現れる
妖精・トロールからとられているんだそうです。
名前の由来が「トロール」っていう点は、トトロといっしょ☆

c0072801_12402155.jpg
出典www.tove-jansson.ru
ムーミンとトゥーティッキー◆トーベ・ヤンソン
『ムーミン谷の冬』や『ムーミン谷の11月』に登場する
トゥーティッキーは、ヤンソンの私生活でのパートナーである、
グラフィックアーティストのトゥーリッキ・ピエティラが
モデルになってるんだそうです。

c0072801_12423531.jpg
出典anninateatime.wordpress.com
The Groke◆トーベ・ヤンソン
暗い画面なのに、強い光を感じるんです。
ヤンソンの絵って本当に不思議・・・!

c0072801_12442518.jpg
出典www.aamulehti.fi
スナフキンとミイ◆トーベ・ヤンソン
ムーミンの中でもとにかく人気なのが、スナフキンとミイ
ですよね!CMにもそれぞれ単体で出演できるネームバリューw
でも原作のスナフキンは、理知的ではありますが孤独を好み、
どちらかといえば人づきあいが苦手な人物として
描かれています。ミイはあのまんまだけどww

c0072801_12453182.jpg
出典www.gwindor.net
ムーミン谷◆トーベ・ヤンソン
ムーミン谷は不思議がいっぱい。
叙情的なタッチでファンタジー世界を描き出す、
ヤンソンならではのイラストです!

c0072801_12464847.jpg
出典inter9.tampere.fi
ムーミン谷◆トーベ・ヤンソン
ニョロニョロがいて、空には雷が・・・
知ってました?ニョロニョロは身体に電気を帯びており、
不用意に近づくと感電するんですよ。特に雷のあとには
強く帯電し、全身が発光するんです☆アニメで見ました!

c0072801_12482121.jpg
出典kulturbloggen.com
ムーミン◆トーベ・ヤンソン
ヤンソンの出身はフィンランドのヘルシンキ。
第一次世界大戦が勃発した1914年の時です。

c0072801_1249264.jpg
出典www.flickr.com
Who Will Comfort Toffle?◆1960年◆トーベ・ヤンソン
ヤンソンは、10代から20代にかけて、ストックホルムの
工芸専門学校、ヘルシンキの芸術大学、
パリの美術学校などへ通ったそうです。

c0072801_12512087.jpg
出典www.flickr.com
ムーミンママ◆トーベ・ヤンソン
ムーミンママが大事にするハンドバッグ、このイラストにも
載ってますが、出かける時はもちろん、家事をする際にも
常に所持しているもので、命の次に大事な物なんだそうです。

c0072801_13312117.jpg
出典tomewing.tumblr.com
不思議の国のアリス◆トーベ・ヤンソン
ヤンソンによる『アリス』のイラスト。
世界観がディズニーのものとは全然違います!
(当たり前だけど!)

c0072801_12544737.jpg
出典www.flickr.com
Who Will Comfort Toffle?◆1960年◆トーベ・ヤンソン
ヤンソンは、なんと15歳という若さで、政治風刺を中心
とする雑誌『ガルム』の挿絵を描き始めたそうです!

c0072801_12592198.jpg
出典towardsamagazine.wordpress.com
線画◆トーベ・ヤンソン
こういう、どことなく不気味な雰囲気も併せ持ってるのが
魅力のひとつだと思っています。
日本における、水木しげるみたいな?

c0072801_1304678.jpg
出典www.flickr.com
ムーミン◆トーベ・ヤンソン
ムーミンというキャラクター自体は、『ムーミン』シリーズ
の執筆よりも早く、1944年頃から『ガルム』誌に
挿絵として登場したんだそうです。

c0072801_1321053.jpg
出典community.livejournal.com
狩猟スナーク◆トーベ・ヤンソン
ほとんどのタッチが、描写する事物のアウトラインや、
ディティールに沿った直線で描かれていることも
ヤンソンの絵の特徴のひとつ。

c0072801_1332092.jpg
出典www.flickr.com
ムーミンとミムラ◆トーベ・ヤンソン
ミムラ姉さんの「ミムラ」って、ずっと名前かと思ってたん
ですが、実は「ミムラという生き物」だったんですよね。
この事実知ったときの衝撃ったら・・・w

c0072801_1342985.jpg
出典www.designforum.fi
絵画◆トーベ・ヤンソン
女流作家、トーベ・ヤンソンは、フィンランド人彫刻家の父
(ヴィクトル・ヤンソン)と、スウェーデン人画家の母
(シグネ・ハンマルステン)の長女(兄弟は弟が2人)
として生まれ、自然に絵を覚えたそうです。
アーティスト一家出身なのですね。

c0072801_1354284.jpg
出典www.designforum.fi
絵画◆トーベ・ヤンソン
作家として世界的に有名なトーベ・ヤンソンですが、
本国フィンランドでは画家としての評価も高く、
特にフレスコ画の手法を用いた国内の公共建築の壁画などに、
多くの作品を残しているんだそうです。

c0072801_137082.jpg
出典www.tuusula.fi
イラストレーション◆1955年◆トーベ・ヤンソン
おとぎの国のような1枚。
不思議な伝承が数多く残る国・
フィンランドで育ったゆえの感性でしょうか?

c0072801_1393825.jpg
出典www.tuusula.fi
イラストレーション◆1956年◆トーベ・ヤンソン
少年少女といっしょにいる生き物はスニフでしょうね。
ムーミンの世界以外にも顔を出してたのでしょうか?

c0072801_1311261.jpg
出典realisticvirtuality.ldblog.jp
線画◆トーベ・ヤンソン
ヤンソンのイラストレーションはとても小さく、
ほとんどが印刷物の実物大か、もっと小さいそうです。
(たいがいは10cm四方くらいの画面)
その中に、細心にペンで描かれたさまざまな長さの線が集積し、
展開しているのだとか。

c0072801_1312440.jpg
出典www.bookplus.fi
少女ソフィアの夏◆1972年◆トーベ・ヤンソン
1972年に発表された小説
『少女ソフィアの夏(Sommarboken)』。
この太陽の描き方が独特。
白夜のある北欧の短い夏を連想させます。

http://matome.naver.jp/odai/2128047275555212101

c0072801_13264294.jpg
トーベ・ヤンソン Tove Marika Jansson

画家、挿絵画家、風刺漫画家、小説家、童話作家。
1945年に執筆された 『小さなトロールと大きな洪水』を
皮切りに「ムーミン」シリーズを発表し、
世界的に高い評価を獲得。
国際アンデルセン大賞をはじめ、数多くの賞を受賞した。
1914年8月9日、フィンランド、ヘルシンキ生まれ。
2001年6月27日、86歳で死去。

ムーミン公式サイト
http://www.moomin.co.jp/data/tove.html


ムーミン パペットアニメーション
第1話「ムーミン谷の春」 1979年

トーヴェ・ヤンソン原作の「ムーミン」をパペットの本場
チェコの技術を持って制作したシリーズ。ヤンソン自ら
脚本・監修をし、詩情溢れる作品に仕上がっています。
本作はヤンソンが最も気に入っていたと言われるムーミン
映像作品で、全ヨーロッパで放映されました


ヤンソンついで。
2010年07月17日 巨匠の作画風景

美術・アニメ・漫画の巨匠による作画風景。
(順番)ピカソ、ダリ、ミュシャ、エッシャー、
トーベ・ヤンソン、ウィンザー・マッケイ、ディズニー、
チャールズ・シュルツ、手塚治虫、藤子不二雄、宮崎駿、
平田弘史。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11411092

ついで。
千葉のいすみ鉄道でムーミン列車てのがあったんだね。
e0015113_4292115.jpg
e0015113_4294767.jpg
http://www.isumirail.co.jp/topics/091006.html
[PR]
by buttonde | 2011-09-03 13:35 | 西洋画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://buttonde.exblog.jp/tb/15370739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]