ブログトップ

風流荘風雅屋

buttonde.exblog.jp

お上品を目指す、のんき節

2017年 05月 06日 ( 1 )

2017/05/02
葛飾北斎は包装紙までもデザインしていた、
お江戸のハイパーマルチクリエーター
石井けん
c0072801_7131074.jpg

葛飾北斎は包装紙デザインもしていた

お買いものをして商品を包んでもらう包装紙や袋。
質のいい包装紙は、包まれているモノの印象まで
よくなりますし、デザインのすてきな手提げ袋なんかは
持っているだけで何だかいい気分になって、
ついつい普段使いをしたくなっちゃいます。
c0072801_7134118.jpg

江戸時代の浮世絵作者で有名な絵師の一人「葛飾北斎」。
世界的にも有名な北斎さんは、なんと包装紙のデザインも
手がけていたって知ってましたか?「江戸八景」と
名付けられたこれらの絵はお菓子の包装などに
使われていたようです。

江戸のイラストレーターでデザイナー

今でいうと、挿絵などを描くイラストレーター…
といったところでしょうか?絵を描くことの大好きだった
北斎さんは浮世絵を作るだけでなく、イラストの手本帳を
作成するなど、幅広い絵の活動をしていたようです。

あんまり絵が好きすぎて部屋の掃除もそっちのけで
描いていたので部屋が汚れすぎるとかたづけないで
他の家に引っ越す…といった生活を繰り返して
いたのだとか…。

お菓子袋に北斎の絵

そんな江戸のイラストレーター北斎さんが描いた
包装用の絵、どうでしょうか?江戸八景の作品は、
揃物とよばれるシリーズものとして描かれていた
そうです。よく見かける北斎さんの富士山や大波を
描いた風景画なんかとは違って、周りに枠が描かれて
いたり、文様が敷かれていたり…となんだか
デザイナーっぽいお仕事ぶりです。
c0072801_717938.jpg

描いた当時は多分もっと色がはっかりしていたでしょう
から、お店で買ったお菓子を入れて持ち運ぶと結構
目立ったのでいでしょうか?どの絵にも「北斎」の
名前が結構大きな扱いで描かれているのも面白いですね。

お菓子袋の大きさはタテ30センチ×ヨコ20センチ位の
大きさが多かったようです。だいたいA4サイズの
コピー用紙位の大きさで、持ち運びには丁度いいですね。

今なら北斎さんのイラストが描いてあるお菓子袋なんて
プレミア必至かも。銀座あたりでこれを持って歩いて
いてもおかしくない気がしませんか?日本を訪れる
外国からのお客さんも多くなっていることですし、
日本を感じられるオシャレな包装や袋も増えると
いいですね。
(画像出典:北斎展 図録より)
http://mag.japaaan.com/archives/54643
[PR]
by buttonde | 2017-05-06 07:20 | 日本画 | Trackback | Comments(0)