ブログトップ

風流荘風雅屋

buttonde.exblog.jp

お上品を目指す、のんき節

<   2007年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

c0072801_221346.jpg
2007年09月16日 もっとも感動した映画トップ10発表

1 名前: 国会議員(栃木県) 投稿日:2007/09/16(日)
19:54:40 ID:A5ZwLpt80 ?PLT

英HMVが来店客を対象に行った調査で、
「もっとも感動した映画」は1994年公開の
『ショーシャンクの空に』であるとの結果が出た。
この調査は2,000以上もの作品の中から、もっとも感動した
映画に投票してもらうというもの。僅差で『シンドラーの
リスト』、『フォレスト・ガンプ ~一期一会』が上位3作に
ランクインした。
(中略)
第67回アカデミー賞7部門にノミネートされるも、賞はすべて
同年公開の『Forrest Gump(フォレスト・ガンプ /一期一会)』
が総獲り。しかしビデオ化されるや口コミで評判が広まり、
今もなお"不朽の名作”の名を欲しいままにしている。次点は、
1,000人以上ものユダヤ人の命を救ったドイツ人オスカー・
シンドラーの実話を綴った『シンドラーのリスト』、
そして前述の『フォレスト・ガンプ/一期一会』が続く。

英HMVのDVD部門顧問Charles Fotheringham氏は、
「『ショーシャンクの空に』はいかに映画が永い間、人々を
感動させられるかを表すこれ以上ない例だ」と話す。
 http://journal.mycom.co.jp/news/2007/09/16/001/index.html

※>>1の中略部分
『ショーシャンクの空に』はスティーヴン・キングの小説
『刑務所のリタ・ヘイワース』の映画化。ティム・ロビンス
扮する銀行員アンディが身に覚えのない罪でショーシャンク
刑務所に投獄されるところから物語は始まる。腐敗しきった
刑務所の内部で最初は孤立していたアンディだったが、
モーガン・フリーマン演じるエ"レッド”という盟友を得て、
受刑者の、ひいては看守の信頼を獲得、自らの運命を
切り開いていく。

1 The Shawshank Redemption (1994)
 ショーシャンクの空に
2 Schindler's List (1994) シンドラーのリスト
3 Forrest Gump(1994) フォレスト・ガンプ/一期一会
4 It's a Wonderful Life(1947) 素晴らしき哉! 人生
5 Billy Elliot(2000) リトル・ダンサー
6 Braveheart (1995) ブレイブハート
7 The Green Mile (2000) グリーンマイル
8 Erin Brockovich (2000) エリン・ブロコビッチ
9 Titanic (1998) タイタニック
10 Star Wars: Return of the Jedi (1983)
 スター・ウォーズ ジェダイの復讐
 http://journal.mycom.co.jp/news/2007/09/16/001/index.html
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1031610.html?1189958026

9位まで全部観て、ない(^Д^)

面白くて名作だなと思えた邦画は、
七人の侍兵隊やくざ、あとなんだろか。
どですかでん」もよかったな。でも人気無かったそうで。
あーいうパッとしないのは好まれないんだろな。
仁義なき戦いは面白いけど「名作」とは思わない。
ましてや感動しない。

洋画で印象に残ってる面白いのは、西部戦線異状なし(二作目)、明日に向かって撃て真夜中のカーボーイフルメタルジャケットシャイニングUボート激突!くらいかな。アラビアのロレンスもあったっけ。

キューブリックは面白いけど、どれも感動は無い。
シャイニングでも何でも、独特のとぼけた、あるいは冷めた構図がいい。腐れ化物婆の「うっはっはっはっは、はーっはっはっはっはっは」は俺も笑った。

スピルバーグの『激突!』は、せっかくトラックを擬人化させてるのに
途中で腕を見せたのは失敗でねえかな。
一貫して見せるべきでなかった。でも傑作と思う。
評価の高い『カッコーの巣の上で』はつらいだけだった。感動しない。

感動てのはつらくて泣きが入るのか?

泣いたのは『鬼畜』。小学生当時に観て、
この子らも大変だなあと身につまされた。
東京タワーで娘を置き去りにして、
親父がエレベーターに乗り込み、
いざ下へと扉が閉まる刹那、娘と目が合う。
長男に毒入りのジャムパンを食わせようと口に押し付けるも、
親父の異様さに気づいたか、頑強に拒む。
「食え!」「いやだ!」
なんとも見苦しいやら哀れやら、最後オヨヨときた。
一緒に観てたお袋は毎度の無表情だった。
思い出したらまた泣けてきた・( ノД`)・゚・

火垂るの墓はウググと来るけど、悲しさ押し売りは安直でしらける。
だいたい野坂が殺してるわけだし。
クレしんオトナ帝国は大人向けか? それならいいのか。
戦国編は無理を感じた。当時を克明にしたら笑えない。
壬生義志伝、あの泣かせ一辺倒の救いのない邦画の悪癖は
なんとかした方がいいな。
あれ観たら米国ドラマの「ルーツ」思い出した。
散々な目に遭ったけど、とりあえず子孫はいるよ、てな結末。

結局ここ20年近くろくに観てないから知らないのも多い。
でも観る意欲も無い。
また増えるのかわからない。

泣けた映画ランキング
http://lislog.livedoor.com/r/1713

全然共感湧かない。

投票数ランキング
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/revrank.cgi?RANK_KIND=3

七人の侍関連。

2007/10/12
「7人の侍」の墓? 智頭町に語り継がれる8基

 農民が武士を雇って村を守ったという黒沢明監督の映画
「七人の侍」と同様の史実が古文書に残る鳥取県智頭町で、
「七人の侍の墓」が語り継がれていることが分かった。映画と
史実は時代背景が異なるが、今月十三日から始まる同映画関連
イベントに向けて、新たな発見として注目を集めそうだ。

 金沢文庫所蔵の古文書には、同町那岐地区で農民が野武士を
用心棒として雇い、村を守ったとの記述が残っている。
映画関係者の証言などから、黒沢監督がその古文書をヒントに
「七人の侍」を描いた可能性が高いとされている。
(後略)
http://www.nnn.co.jp/news/071012/20071012006.html

鳥取で「七人の侍の墓」となると、
殺された尼子の残党だったりして。
てことは「八つ墓村」か。

2009年04月01日 洋邦問わずに癒された映画
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51450006.html

最近なら「菊次郎の夏」と「バス男」。

映画好き参考リスト
あー さん
http://www.nicovideo.jp/mylist/9334759
ZOON さん
http://www.nicovideo.jp/mylist/7532394
*chronic* さん
http://www.nicovideo.jp/mylist/10537900
ラスタ さん
http://www.nicovideo.jp/mylist/10793117
VV さん
http://www.nicovideo.jp/mylist/1055248
匿名 さん
http://www.nicovideo.jp/mylist/2474063
実況民 さん
http://www.nicovideo.jp/mylist/7079772
[PR]
by buttonde | 2007-09-17 02:24 | | Trackback | Comments(0)