ブログトップ

風流荘風雅屋

buttonde.exblog.jp

お上品を目指す、のんき節

<   2014年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

誰や!中途半端に斬ったん?

816 名前:/名無しさん[1-30].jpg[sage]
投稿日:2014/06/04(水) 08:10:39.90 ID:FvUFjSdX0
誰や!中途半端に斬ったん? (メーカー:カクダイ)
c0072801_1161881.jpg
c0072801_116457.jpg
c0072801_117770.jpg



[PR]
by buttonde | 2014-06-09 07:20 | | Trackback | Comments(0)
2014年06月06日
外国人「歴史上のアーティファクト画像を貼っていく」
海外のまとめ

Comment by Taltyelemna 959 ポイント
17世紀の銀の髑髏時計。ルーブル美術館
c0072801_328397.png
c0072801_3282668.png
reddit.com/r/ArtefactPorn/

Comment by Taltyelemna 920 ポイント
リンカーンを殺害した銃弾
c0072801_3284488.jpg
Comment by innuendoPL 789 ポイント
宮城の衛兵の鎧。18世紀の中国
c0072801_3293982.jpg
Comment by idownvotetheassholes 3 ポイント
↑ヘルメットに書かれてる文字は満州語?

Comment by DukeofQin 8 ポイント
↑いや違う。ヘルメットに書かれてるのはチベット語。
これは乾隆帝がチベットの修道院に贈った
儀式用の鎧のレプリカ。

Comment by Whitemann 1 ポイント
↑だれか刀剣はどんな感じか写真持ってる人いない?

Comment by Shagomir 3 ポイント
↑多分こんな感じ。
情報がもっと知りたいのであれば、
これはいわゆる「Dao(刀)」というタイプの刀剣
c0072801_330388.jpg
Comment by innuendoPL 726 ポイント
「ΔΕΞΑΙ (DEXAI)」と刻まれたギリシャの
スリングショット。意味は「キャッチ!」。
紀元前四世紀
c0072801_3302460.jpg
Comment by innuendoPL 702 ポイント
万能ツール。1560年から1570年の。
ニュルンベルク。
c0072801_3303987.jpg
Comment by innuendoPL 638 ポイント
「Queen Ahhotep IIZ」の墓から見つかった斧。テベス。
新王国。18王朝。紀元前16世紀
c0072801_331061.jpg
Comment by toleran 17 ポイント
↑は?紀元前16世紀?なんだそれ凄すぎる。

Comment by TeaDrinkingBarbarian 6 ポイント
↑誰かこのヒエログリフを翻訳できる人いる?

Comment by roeyjevels 1 ポイント
↑真ん中のはファラオが敵を征服したことを称賛してる。
前に見たことがある。

エジプト第18王朝(紀元前1570年頃 - 紀元前1293年頃)
は新王国時代最初の古代エジプト王朝。
エジプトの再統一による国力増大によって数々の大規模
建築が残され、ヌビア、シリア地方に勢力を拡大し、
オリエント世界に覇を唱えた。
エジプト第18王朝

Comment by innuendoPL 623 ポイント
「アメンエムハト3世」のピラミッドの
「The Pyramidion(ピラミッドの頂点)」。
12王朝。ダハシュール
c0072801_3325725.jpg
Comment by Xeonit 22 ポイント
↑良いなこれ。てっきり永久に失われたものだと思ってた。
保管してると知れてホッとした。

Comment by Danilo_Mello 7 ポイント
↑元のピラミッドのグーグルマップとかは?

Comment by innuendoPL[S] 5 ポイント
 ↑http://en.wikipedia.org/wiki/Pyramid_of_Amenemhat_III_%28Dahshur%29

エジプト第12王朝(紀元前1991年頃 - 紀元前1782年頃)
は、エジプト中王国時代の古代エジプト王朝。
中王国時代には文章語としての中期エジプト語が確立され、
この王朝に纏わる数多くの文学作品が今日にまで
伝えられている
アメンエムハト3世の治世は第12王朝の繁栄の絶頂期で
あった。上述のファイユムにおける干拓事業が完成したのは
彼の時代であり、農業生産は飛躍的に増大した。
エジプト第12王朝

Comment by Rhinoceritis 609 ポイント
ローマ人が残したヨーロッパ中に百余り存在する正十二面体。
我々はこれはどういった目的で使われていたのか
推測するしかない。
c0072801_3334258.jpg
Comment by Roshambo_You 13 ポイント
↑よく分からないものは「儀式」

Comment by samferrara 2 ポイント
↑多分それを火の中に入れて
上にフライパンを乗せたんだろう。

Comment by innuendoPL 591 ポイント
1876/1877年に作られたネオバロック様式の霊柩車。
オーストリア皇帝一家の葬式に使用された。
c0072801_334119.jpg
Comment by Respectfullyyours 583 ポイント
タコのような形をした侍の兜。18世紀。日本。
c0072801_334432.jpg
Comment by Jonruy 26 ポイント
↑(ここに下ネタジョークを書き込みます)

Comment by Iamthesmartest 3 ポイント
↑それ前から見るとどんな感じなのか見てみたい。

Comment by Respectfullyyours[S] 9 ポイント
↑こんな感じ。
c0072801_335139.jpg
Comment by innuendoPL 583 ポイント
ツタンカーメンの世評の高いダガー。
c0072801_3353598.jpg
Comment by Taltyelemna 558 ポイント
「歯のワーム(地獄の悪魔)」
c0072801_336684.jpg
18世紀では歯のワームが歯に穴をあけ
歯痛を起こしているのだと沢山の人が信じていた。

Comment by bigmeat 537 ポイント
マリーアントワネット女王の髪が入った金のロケット。
大英博物館
c0072801_3364038.jpg
Comment by innuendoPL 531 ポイント
錠と鍵。ドイツ。1580年代。
c0072801_337097.jpg
Comment by jared914 0 ポイント
↑鍵差し込む所がなくね?

Comment by wigsternm 2 ポイント
↑前面についてる長方形のが鍵穴の蓋って感じがする。

Comment by IgnorantThrall 525 ポイント
スウェーデンのエリク14世の閲兵用として作られた鎧。
1563-1564
c0072801_3373452.jpg
エリク14世
(Erik XIV, 1533年12月13日 - 1577年2月26日)は
スウェーデン・ヴァーサ王朝の第2代国王
(在位:1560年 - 1568年)。
グスタフ1世と王妃カタリーナの子。スウェーデン=
フィンランドの君主であるが、フィンランドの統治者は
弟のフィンランド公ヨハン(後のヨハン3世)であった。

1558年に始まったリヴォニア戦争に参戦し、1561年に
エストニアを解放する。彼は政治的野心と同様に、
知性と芸術性を有していた。しかし、彼の治世、
精神的不安定の兆しと狂気に導かれた状況となった。

エリクの外交政策のほとんどは、スウェーデンを大国に
するための尽力が基本であった。独立国家を統治したことで
満足した、父王と違い、エリクはバルト海地域とエストニア
での影響力の拡大に挑戦しようとした。この拡大によって、
従弟でデンマーク王のフレデリク2世と衝突することに
なった。有効な政治同盟を求めてエリザベス1世や
メアリー・ステュアートなどに求婚したが、
結婚は実現しなかった。

内政においては、エリクの野心は、弟たち(後のヨハン3世、
カール9世)を含むスウェーデン貴族に猛烈に反対された。
ヨハンは謀反を起こしたが、1563年に捕らえられ大逆罪に
問われた。エリク14世の治世のほとんどが、デンマーク
との北方七年戦争で占められ、その間彼はデンマークからの
征服の試みを阻んだが、自らの征服事業も維持できなかった。

この年代のあいだ、彼の狂気は悪化した。すなわち、
彼の治世はいっそう暴力による支配が特徴となり、それらの
中には1566年のストゥーレ家の一族の殺害も含まれていた。
1568年、彼は権力を掌握したヨハンによって廃され、
幽閉された。エリクのもっとも信頼のおけるカウンセラー、
ヨラン・ペッション(Jöran Persson)は、エリク14世の
治世に彼が貴族に対してとった行動の責任をとり、
ヨハン3世即位後、まもなく処刑された。

エリク14世は獄死した。言い伝えによれば、彼の最後の
食事は毒の入った豆のスープであったという。彼の兄弟
ヨハン3世とスウェーデン貴族ベングト・ベングトソン・
ギュルタによって記された文書には、誰かがエリクを
逃がせば、毒殺の許可を受けた獄吏が殺すことになっていた
という。彼の遺体は後に発掘され、法医学的分析で
ヒ素による毒殺の証拠が明らかになった。
c0072801_344537.jpg
エリク14世 (スウェーデン王)

Comment by praythelord 521 ポイント
マクシミリアン2世エマヌエル(選帝侯)の両手剣。
1689年
c0072801_3424822.jpg
Comment by yokedici 54 ポイント
↑RPGに出てきそうな武器だなこれ。

マクシミリアン2世エマヌエル(Maximilian II. Emanuel,
1662年6月11日 - 1726年2月26日)は、
バイエルン選帝侯(在位:1679年 - 1726年)。
ニンフェンブルク宮殿の拡張とハプスブルク家の関係修復に
取り組み、後妻との間の次男カール・アルブレヒトと
神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世の遺児マリア・アマーリエ皇女
を結婚させたり、墺土戦争ではオーストリア軍に兵力を
供出している。
一方で5男のクレメンス・アウグストを弟ヨーゼフ・
クレメンス没後に後任でケルン大司教に就かせている。
これらは結果として、オーストリア継承戦争において
新たな火種、あるいはバイエルン方にとっての
布石となった。
c0072801_342265.jpg
マクシミリアン2世エマヌエル (バイエルン選帝侯)

Comment by house_of_ghosts 504 ポイント
スウェーデンのグスタフ3世が仮面舞踏会中凶弾に
倒れた時に着用していた服。1792年3月16日
c0072801_344530.jpg
グスタフ3世(Gustav III, 1746年1月13日
(グレゴリオ暦1月24日) - 1792年3月29日)は、
スウェーデン王国のホルシュタイン=ゴットルプ朝
第2代の国王(在位:1771年 - 1792年)。
ロシア帝国やデンマークと戦って勝利し、ヨーロッパでの
名声を高めた。またハンス・フォン・フェルセンを臣下
とし、フランスとの友好関係を深めた。
c0072801_3441868.jpg
グスタフ3世 (スウェーデン王)

Comment by bigmeat 502 ポイント
金の指輪。カーネリアンが猫の形になってる。
下部にはホルスの目。古代エジプト。
エジプト第3中間期。紀元前1070 - 712年
c0072801_3472545.jpg
Comment by bigmeat[S] 22 ポイント
↑別の角度から
c0072801_3473814.jpg
ホルスの目(ホルスのめ) は古代エジプトのシンボル。
初期には、ウァジェト(ウジャト)の目、月の目、
また後にはラーの目とも呼ばれた。
古代エジプトのホルス神はハヤブサの頭部を持つ太陽と
天空の神で、その右目は太陽を、
その左目は月を象徴していた。
ホルス神の左目である「ウァジェトの目」は、ホルス神が
父オシリス神の敵であるセト神を討つ時に奪われた。
ホルスの目

エジプト第3中間期(紀元前1069年頃から)は、
古代エジプト史における時代区分である。第3中間期の
区分を用いず新王国の後に末期王朝時代を置く学者も多い。
また第3中間期を置く学者の間でも、
どの期間とするかも見解が不一致である。
エジプト第3中間期


[PR]
by buttonde | 2014-06-07 05:30 | | Trackback | Comments(0)
【貴重画像】ヴェールに包まれた
「父・キューブリックとの生活」27年間の写真を、
愛娘・ヴィヴィアンが公開
c0072801_4501167.jpg
( °Д°) ウワアアアアアアア

すごい不思議な感じ

映画のすべてを掌握する「完全主義者」と言われ、
そのこだわりは狂気じみていたと伝説になっている
スタンリー・キューブリック

家から出ることを好まず、彼が企画し、スティーブン・
スピルバーグが引き継いだ映画『A.I.』の打ち合わせは、
ほとんど電話で行われ、スピルバーグが支払った
電話料金は記録破りだったほど

そんなミステリアスなキューブリックの愛にあふれる
"生活" の貴重な瞬間を、娘のヴィヴィアン・キューブリック
(Vivian Kubrick) が公開し、話題になっています


[PR]
by buttonde | 2014-06-07 05:03 | | Trackback | Comments(0)
2014年6月4日
【父親を殺害した画家】約40年間、
精神病院で絵を描き続けたリチャード・ダッドの作品
by pp
c0072801_3475495.jpg
イギリスの画家リチャード・ダッド(1817-1886)さんの
作品をご紹介します。画家としての才能は早熟で、20歳で
入学した王立アカデミー・スクールでは素描でクラスの中で
1位、才能が傑出したようです。
しかし26歳ごろに精神に異常をきたし始め、実の父親を
散歩中にナイフで刺殺しています。「自分はエジプトの神
オシリスの下僕であり、その命を受け父親に変装した悪魔を
刺し殺した」というのが犯行の動機です。ヨーロッパや
中東に旅行に行った頃から妄想を抱くようになったと
言われています。
その後、フランスへ逃亡し、オーストリア皇帝を含む多くの
人を殺さなければならないと信じ、殺人未遂で逮捕される
ことになります。
上は代表作とも言える「お伽の樵(きこり)の入神の一撃」
(The Fairy Feller’s Master-Stroke)という作品の細部です。
逮捕後、王立べスレム病院付属犯罪者精神病院に収容され、
病院の中で10年かけてこの絵を完成させたといわれています。
重厚感ある色彩と複雑に入り組んだ階層は見応えがあり、
画面の隅々まで描かれた超密度の作品です。
こんなに描かれているにも関わらず、未完成だそうです。


[PR]
by buttonde | 2014-06-05 04:45 | 西洋画 | Trackback | Comments(0)
365の摩訶不思議な空間、3つの文化が融合した
「サンメザーノ宮殿」に、視界が吸い込まれてクラクラする
c0072801_730147.jpg
c0072801_7303041.jpg
(((( °Д°))))アアアアアアア

めくるめく色彩とかたちのるつぼ

16世紀のイタリアの古城を、アラブとイスラムの文化が
融合した北西アフリカの "ムーア建築" (7世紀) の形式に、
19世紀にリフォームした。というだけで、
なにがなんだかえらいことになっていますが

なんと内部に365部屋にもおよぶ空間が存在し、
そのどれもが万華鏡のような色彩で視界を覆う
「サンメザーノ宮殿」

荘厳なのにかわいくて、ファンタジックで、
洗練された摩訶不思議に呆然としてしまうよ


[PR]
by buttonde | 2014-06-03 09:20 | 風景 | Trackback | Comments(0)
【歴史的遺産】世界に現存する「美しい星形要塞」
ファンタジーに包まれてしまう必見9選
c0072801_7442017.jpg
ナールデン (オランダ) Photo: Moniek mulder

(((( °Д°)))) ウワアアアアアアア!!!

鳥肌たった

魔物すら避けて通りそうな、魔術的で不思議なかたち。
15世紀のイタリアで考案され、火砲に対抗すべく
世界に広まった築城形式「星形要塞 (Star forts)」

多くは戦火とともに姿を消してしまいましたが、
その魅惑を現存する、函館の五稜郭を含む
"美しい9つの要塞"を紹介します。
呪術的な意図があったんじゃないかとか考えると、
頭のなかで物語が妄想膨張して止まらないっ


[PR]
by buttonde | 2014-06-03 09:17 | 風景 | Trackback | Comments(0)
2014年6月2日
メルヘン・ファンタジーな世界観。可憐な妖精達を描いた
オーストラリアの挿絵画家の作品が素敵
by pp
c0072801_78133.jpg
オーストラリアの挿絵画家Ida Rentoul Outhwaite
(イダ・レントール・アウスウェイト)(1988-1960)さんの
作品をご紹介します。生涯に妖精が登場する書籍の挿絵を
多くの手掛けました。可憐で幼い妖精達が幻想的な美しさを
放っています。イギリスのイラストレーター、
Aubrey Vincent Beardsley(オーブリー・ビアズリー)の
作品に影響を受けたそうですよ。カエルやキノコ、
カタツムリにトンボなども登場しメルヘンチックで
ファンタジーな世界観を見ることができます。

1909年には若き実業家と結婚。その夫グレンブリィ・
アウスウェイトは才能ある妻のためにアトリエを建て、
イダは4人の子供たちの子育てと両立しながらも絵を描き
続けていた。カラー印刷の技術が急進的に発達した時期でも
あり、それまでのモノクロのペン画から色彩を取り入れる
ようになってゆく。第一次世界大戦下に姉の文章と共に出版
した「こびとと妖精」(1916年)で、51枚の挿絵を描き
妖精画として、それまでイギリスに頼っていたアートブック
界で、初めてオーストラリアにもその到達を得たもの。
このご本は、夫の発案により英皇室に献本し、印税は戦時下
の赤十字に寄付されたという。戦後は、夫の勧めで英国で
個展を開き成功を収め、その名はこうして今日まで継承
されるに至る。
c0072801_783726.jpg



[PR]
by buttonde | 2014-06-03 09:10 | 西洋画 | Trackback | Comments(0)