ブログトップ

風流荘風雅屋

buttonde.exblog.jp

お上品を目指す、のんき節

2017/06/16
その数2600点超!ダウンロード可能な浮世絵・
日本画が米国議会図書館で公開中
Japaaan編集部@
c0072801_3414062.jpg
うっほ!ボリューム満点!

米国議会図書館で公開されている、17世紀から20世紀
初頭までの浮世絵、日本画など2,600点超が収録された
コレクション「Fine Prints: Japanese, pre-1915」を
ご紹介します。
c0072801_3421635.jpg
鳥居清長、歌川広重、歌川国芳、小林清親など、
名だたる絵師の作品が多数収録されているコレクション
「Fine Prints: Japanese, pre-1915」に収められて
いるのは、役者絵、美人画、名所絵、芝居絵、風俗絵、
横浜絵など2,661点。浮世絵を代表する名作の他、
江戸時代から明治時代に描かれた浮世絵の様式のひとつ
「横浜絵」が、数多く収録されています。
c0072801_3444417.jpg



[PR]
# by buttonde | 2017-06-20 04:00 | 日本画 | Trackback | Comments(0)
2017年06月19日
トラウマにしかならない。恐怖で子どもに躾をうながす、
ドイツの絵本『もじゃもじゃペーター』の内容が
不気味すぎて怖い
c0072801_0172665.jpg
 「早く寝ないと鬼が来るぞー!」
「いうこと聞かないとお化けが来るよ」
と子どもの頃に言われたことはないだろうか?
ある意味これも恐怖支配である。

 ドイツでも恐怖によって子どもたちを躾けるという
むきがあったようだ。19世紀に発行されたハインリヒ・
ホフマンの子供向けの絵本もじゃもじゃペーター
(1845年)には、きちんとできない男の子がその結果、
悲劇の顛末を迎えるというお話なのだが、あまりにも
悲劇すぎてトラウマ化決定なのだ。
 その初版がニューヨーク公共図書館に所蔵されており、
ホフマン自らが彩色したオリジナルの挿絵が
公開されていた。

きちんとできないことで、
みんなから超絶嫌われていく

 『もじゃもじゃペーター』は、医師でもあった
作者のホフマンが書き綴ったのは不気味な寓話だ。
 主人公は、スープを飲まずに死んでしまう少年、
犬に噛み付かれ苦痛に身悶えする少年、指しゃぶりを
しすぎたために指を切り落とされてしまった少年
などである。
 もじゃもじゃペーターの罪は、絶対に爪を切らず、
風呂も入らず、髪も整えなかったことだ。
罰として誰からも嫌われた。
c0072801_0192915.jpg



[PR]
# by buttonde | 2017-06-20 00:31 | 西洋画 | Trackback | Comments(0)