ブログトップ

風流荘風雅屋

buttonde.exblog.jp

お上品を目指す、のんき節

2017年08月14日
人間と目が合わせられない。トラウマを持った犬、
エンジェルが新たな家族のもとで
ハッピーライフを得るまで
c0072801_1122623.jpg
 エンジェルという名のグレイハウンドが保護されて
きた時、動物保護団体PAWS Animal Rescue Ireland
エンジェルの様子が明らかにおかしいことに気が付いた。
 エンジェルは壁に頭をつけたまま誰とも目を合わそうと
しないのだ。誰が話しかけても応えず、誰が近寄って
きてもただ部屋の隅の壁に向き合ったままだったのだ
という。
c0072801_1173232.jpg
image credit

 エンジェルを保護したPAWS Animal Rescue Ireland
によれば、エンジェルは肉体的には大きな問題は抱えて
いないが、おそらく前に飼っていた飼い主による虐待が
影響し、神経過敏状態に陥っているのだろうという
見立てが出た。エンジェルにとって、人間と目を
合わせるということはその後に何かしら恐怖が
訪れることを意味しているのだ。それ故、
誰とも目を合わせられないのである。
c0072801_1181764.jpg
image credit

 そんなエンジェルだったが、同じ施設内に兄弟犬も
保護されてきた。そこからエンジェルの犬生は少しずつ
上向きに変わっていった。家族がいる安心感からか、
職員たちにも少しずつ心を許すようになっていった。

 もとはかわいい愛されるべき犬のエンジェルは、
ついに新しい里親のもとへ引き取られることとなった。
そこでは名前をカーラと改め、以前の孤独だった犬生を
脱ぎ捨てて新たな冒険に出ることになったのだ。

 新たな飼い主に十二分に愛情を受けて暮らしているの
だろう。以前は壁際で頭を打ち付け、誰とも目を合わせ
なかったエンジェルは今や同居犬と吠え方の競争を
するまでに心が復活したのだそうだ。
c0072801_1184618.jpg
image credit

 エンジェル兼カーラにどんなつらい過去があるのかは
分からない。しかしやっと愛されるべき1匹の犬に
立ち返れたカーラ、これからは思う存分家族に甘えて
楽しく暮らしていってほしいものだ。

Abused Dog Stares at Wall
for Days After Being Rescued

via:She Was So Traumatized, She Couldn't Even Look
At Humans. You Have To See Her Now.
/translated
by kokarimushi / edited by parumo 
あわせて読みたい
8年間ずっとコンクリートの床の上で暮らしてきた
元保護犬のローラさん、すっかりふかふかベッド好きに。


虐待された過去を持つイングリッシュ・ポインター犬、
にぎやか家族の仲間入り、生涯の親友に出会う


よくがんばったね!交通事故で足が麻痺した犬が、
もう一度歩けるようになるまで


生き別れたあの子に会いたい!
犬肉加工工場で保護され生き別れた恋犬同士、
数カ月ぶりに再会する!


虐待を受けていた犬サッシ、
新しい家族とのいちゃこらが止まらない。


http://karapaia.com/archives/52244192.html
[PR]
# by buttonde | 2017-08-15 01:23 | | Trackback | Comments(0)
2017年08月13日
結局、地獄ってどうなの?
約600ページに渡り延々と地獄絵が載ってる
フルカラー本『HELL 地獄-地獄をみる』
c0072801_853019.jpg
 聞いたことはあっても実際に見たことはない人が
ほとんどであろう地獄。あの世に旅立った後、確実に
地獄送りになるであろうパルモの場合には、地獄での
暮らしとか興味津々なわけなのだ。え?なんでって?
肉食だし胸の谷間がある人に対する妬み嫉みとか
激しいわけだし。
 まあそもそも天国や地獄がリアルに存在するのかって
話にもなってくるが、本当にあった場合、何の予習も
なしにノープランで放り込まれると対策がたてられない
わけじゃん。
 だからあらかじめ学習しておきたいよね。なので
この本は地獄について学習するにはかなり効果を
発揮しそうなのだ。


[PR]
# by buttonde | 2017-08-14 09:27 | 日本画 | Trackback | Comments(0)