ブログトップ

風流荘風雅屋

buttonde.exblog.jp

お上品を目指す、のんき節

2017年08月14日
人間と目が合わせられない。トラウマを持った犬、
エンジェルが新たな家族のもとで
ハッピーライフを得るまで
c0072801_1122623.jpg
 エンジェルという名のグレイハウンドが保護されて
きた時、動物保護団体PAWS Animal Rescue Ireland
エンジェルの様子が明らかにおかしいことに気が付いた。
 エンジェルは壁に頭をつけたまま誰とも目を合わそうと
しないのだ。誰が話しかけても応えず、誰が近寄って
きてもただ部屋の隅の壁に向き合ったままだったのだ
という。
c0072801_1173232.jpg
image credit

 エンジェルを保護したPAWS Animal Rescue Ireland
によれば、エンジェルは肉体的には大きな問題は抱えて
いないが、おそらく前に飼っていた飼い主による虐待が
影響し、神経過敏状態に陥っているのだろうという
見立てが出た。エンジェルにとって、人間と目を
合わせるということはその後に何かしら恐怖が
訪れることを意味しているのだ。それ故、
誰とも目を合わせられないのである。
c0072801_1181764.jpg
image credit

 そんなエンジェルだったが、同じ施設内に兄弟犬も
保護されてきた。そこからエンジェルの犬生は少しずつ
上向きに変わっていった。家族がいる安心感からか、
職員たちにも少しずつ心を許すようになっていった。

 もとはかわいい愛されるべき犬のエンジェルは、
ついに新しい里親のもとへ引き取られることとなった。
そこでは名前をカーラと改め、以前の孤独だった犬生を
脱ぎ捨てて新たな冒険に出ることになったのだ。

 新たな飼い主に十二分に愛情を受けて暮らしているの
だろう。以前は壁際で頭を打ち付け、誰とも目を合わせ
なかったエンジェルは今や同居犬と吠え方の競争を
するまでに心が復活したのだそうだ。
c0072801_1184618.jpg
image credit

 エンジェル兼カーラにどんなつらい過去があるのかは
分からない。しかしやっと愛されるべき1匹の犬に
立ち返れたカーラ、これからは思う存分家族に甘えて
楽しく暮らしていってほしいものだ。

Abused Dog Stares at Wall
for Days After Being Rescued

via:She Was So Traumatized, She Couldn't Even Look
At Humans. You Have To See Her Now.
/translated
by kokarimushi / edited by parumo 
あわせて読みたい
8年間ずっとコンクリートの床の上で暮らしてきた
元保護犬のローラさん、すっかりふかふかベッド好きに。


虐待された過去を持つイングリッシュ・ポインター犬、
にぎやか家族の仲間入り、生涯の親友に出会う


よくがんばったね!交通事故で足が麻痺した犬が、
もう一度歩けるようになるまで


生き別れたあの子に会いたい!
犬肉加工工場で保護され生き別れた恋犬同士、
数カ月ぶりに再会する!


虐待を受けていた犬サッシ、
新しい家族とのいちゃこらが止まらない。


http://karapaia.com/archives/52244192.html
[PR]
by buttonde | 2017-08-15 01:23 | | Trackback | Comments(0)
2017年06月23日
地下に捨てられたていた赤ちゃんを
あたため続け命を救った猫(ロシア)
c0072801_0594358.jpg
 先日、寒いロシアでアパートの地下に放置されていた
生後まもない赤ちゃんが、ある1匹の猫に救われたという
ニュースが話題になった。
 極寒で冷え切った地下に、誰にも気づかれることなく
捨てられていた男の子だったが、ある猫がいち早く
発見し、小さな命を見捨てることなく寄り添って
温めていたのだ。
 この猫はマーシャという名でご近所から愛されている
野良猫である。
 その後赤ちゃんは無事病院に保護され、
一定の体温を保っていたおかげで回復に向かっている。

住民から愛されている猫のマーシャ

 この赤ちゃんを当局に通報したのはオビナス市の
アパートに住む68歳のイルナさんだ。
彼女はマーシャの声で現場にたどりついたという。

お手柄のマーシャとイルナさん
c0072801_12034.jpg
image credit:dailymail

 マーシャは特定の飼い主を持たない野良猫だが、
近所の人々は彼女に親しみをもって世話していた。

 彼女は食べ物をちゃんともらって過ごしていて、
寒くなれば暖かい自宅に招き入れる優しい住人たち
にも支えられていた。

マーシャの声を聞きつけて地下へ。そこには・・

 イルナさんもその中の一人だったが、
ある日のこと彼女はゴミを捨てに出たときに、
アパートで奇妙な音を耳にした。

 音は地下から聞こえたが、それがマーシャの鳴き声
だと気づいた。その声はいつもと違う尋常じゃない
鳴き方で、こちらに来る気配もない。まさかケガして
るんじゃ?と心配になったイルナさんは、
大急ぎで階段を駆け下りた。


[PR]
by buttonde | 2017-06-24 01:20 | | Trackback | Comments(0)
2017年05月13日
「屋根の上に犬がいるけど驚かないで…心配いりません」
テキサス州のほのぼのした光景
c0072801_2325497.jpg
「わっ、屋根の上に犬がいる!」
こんな光景に出くわしたなら、
多くの人が驚くのではないかと思います。
しかし心配はご無用、このゴールデン・レトリバーは、
いつも屋根の上でのんびり過ごしているのです。

This dog has a thing for rooftops apparently
c0072801_2331953.jpg
テキサス州オースティンで暮らすゴールデン・レトリバーの
ハックルベリー。屋根の上がお気に入りで、
1日の数時間をここで過ごすのだとか。
しかし知らずに通りかかって、
驚いたり心配したりする人が少なくないそうです。


[PR]
by buttonde | 2017-05-14 23:21 | | Trackback | Comments(0)
c0072801_1549025.jpg
http://www.koredeiinoda.net/manga/s_kaerusan.html
2017年03月07日
ヤラセと思ったらマジだった。
人間のようにベンチに座り思考する「考えるカエル」
c0072801_1541527.png
 無理やり座らせられているのかなと思ったら、
自主的に座っていたようだ。しかも長いこと熟考している
ようで、これこそが考える葦ならぬ考えるカエルなのだろう。

A Frog Sitting on a Bench Like a Human

 めっちゃ堂に入った座り方をしていらっしゃる。
 実は100年以上余裕に生きてらっしゃるのかもしれない。
c0072801_15423559.png
 人よりも人らしく。太ももに両手を置いて
うんちく飛ばしそうな感のあるカエル
c0072801_15425356.png
 悩み事があったらこのカエルパイセンに相談すれば
一発で解消できそうだ。

 ちなみにこの動画はかなり昔からあるようで、あまりにも
カエルの姿勢が不自然なことから、カエルの足を固定している
という疑いをかけられているそうだ。昔の映像なので情報を
追ったものの、真偽のほどはわからなかった。

 裏付けのある情報を持っている人がいたら
教えてくれると嬉しいな。
c0072801_15433615.png
▼あわせて読みたい
カエル好きオンリー。
世にもかわいいカエルたちの写真20


餌を食べる順番でもめにもめるカエルの
ディナーショーの顔芸が面白い(餌ワーム注意)


カエルがヘビの体に乗って遊んでいるぞ!?
ヘビとカエルの不確かな関係(インドネシア)


まーたカエルさん乗ってきた・・・巷に横行する、
魚にまたがり無賃乗車するカエルたち


ワニ・カエル・エグザイル!
ワニを乗りこなすカエル集団が激写される(インドネシア)
※追記アリ


http://karapaia.com/archives/52235132.html

c0072801_9251755.png
http://netatama.net/archives/9504259.html


[PR]
by buttonde | 2017-03-07 15:50 | | Trackback | Comments(0)
2017年01月25日
片足が折れ、ボロボロの状態で町をさまよっていた母犬。
10匹の子犬たちを助けてくれる出会いを求めていた
(スペイン)
c0072801_20465184.png
 2017年1月14日、スペイン南部の小さな町の市場を
訪れていたリアン・パウエルは、前足1本が折れたまま、
ぼろぼろの状態でさまよい歩くグレイハウンドを発見した。
 放っておけないと直感したリアンは、
すぐさま近所の動物病院に連れていき手当を受けさせた。
 その犬は、産後間もない母犬であることが判明。
子犬たちの身を案じたリアンと獣医は、その居場所を
探ろうと、治療を終えた母犬を発見場所に戻した。
するとどうだろう。母犬は二人を導くように
長い道案内を開始し、小さな宝物のもとに導いた。
 出会って間もない人間にすべてを託すと決断し、
子どもたちのもとに導いた母犬のニュースは
大勢の人々の心を震わせた。


[PR]
by buttonde | 2017-01-25 21:05 | | Trackback | Comments(0)
10+ Of The Word’s Angriest Cats Ever
Who Have Had Enough Of Your BS
怒ってる猫
c0072801_1426995.jpg



[PR]
by buttonde | 2017-01-11 14:33 | | Trackback | Comments(0)
2016.12.03
台風におびえる子ネコに対し
ニワトリがとった行動がかわいい
by chaka
c0072801_3591611.jpg
小さな子どもがかわいいのは動物も人間も一緒。
その愛はニワトリとネコという違う種族でも変わりません。
とある農家の納屋で台風に怯えている子ネコに対し、
ニワトリがとった行動が大変かわいいと評判です。

まるで卵を暖めるかのように2匹の子ネコを抱きかかえる
ニワトリ。これなら子ネコも安心です。
Hen taking care of kittens during storm. : aww
c0072801_401682.jpg
子ネコが大好き過ぎて、手話をつかってネコの可愛さを
熱烈に表現するゴリラもいるほど。動物の子どもなら
なんでもかわいいのか、それとも子ネコが特別なのか……
こちらも興味がある問題です。
手話ができるゴリラが子ネコへの愛を手話で熱烈に語る動画
– DNA

c0072801_405818.jpg
ソース:Hen taking care of kittens during storm. : aww
トップ画像:
Chicken | Chicken close-up | StevenW. | Flickr
http://dailynewsagency.com/2016/12/03/hen-taking-care-of-kittens-gyu/


[PR]
by buttonde | 2016-12-05 02:10 | | Trackback | Comments(0)
2016年10月15日 「子犬差し上げます」
一目惚れしてもらった犬が犬らしからぬワイルドさ。
ウルフドッグ(狼犬)であることが判明。
c0072801_2022506.jpg
 アメリカ、アリゾナ州ツーソンに住む男性は大の犬好き。
「子犬差し上げます」の張り紙を見ちゃったもんだから
いてもたってもいられなくなって、その家を訪ね、
琥珀色の瞳をした子犬と対面。そのかわいさに
ノックダウンされた彼は犬を譲り受けることとなった。
 だがしかし、その犬は普通の犬と比べると
どうにも様子がおかしかった。

●犬らしからぬ行動に飼い主混乱

 ネオと名付け室内犬として家に迎え入れた男性。
犬を何度も育てたことがある男性はしつけにも精通している。
だがネオはまったくトイレを覚えてくれない。
c0072801_20243282.jpg
image credit:Wolf Connection

 ネオはとても臆病で神経質だった。家の中のあらゆる
ところで排泄をした。飼い主男性にはすごく懐いて従順
なのだが、ほかの人間を極端に避け、構われてもなつく
素振りも見せなかった。その一方で犬の仲間を求める
気持ちが非常に強く、飼い主が不在中、裏庭の塀を
超えたり穴を掘ったりして、近隣の家の犬たちの元に
頻繁に現れた。
 いくら塀を高くしてもあらゆる手段で突破され、
どうにも手が付けられない。
c0072801_20254345.jpg
 最初のうちは快く接してくれた近所の人たちもさすがに
うんざりし始め、困り果てた家族は同州南部にある
動物保護施設にネオを連れて行った。
するとようやく謎が解けた。

オオカミの血が混じったウルフドッグだった

 実はこの犬、ウルフドッグ(狼犬)だったのである。
一般的な犬と違った風貌や行動は、狼としての特性に
よるものだったのだ。ネオの足の長さなどの外見と、
主人以外の人を完全に避ける行動は、
犬でなく狼のそれである。


[PR]
by buttonde | 2016-10-16 20:41 | | Trackback | Comments(0)
2016年09月16日
観光客の自撮りにうんざりする奈良公園の鹿
「鹿の本音が表れている」写真が話題

1:世界はみんな@ばかばっか ★
2016/09/16(金) 09:21:10.75 ID:9.net
c0072801_18431216.jpg
セルフィーにうんざり目線!?
(出典:http://metro.co.uk)

多くの人がいつでもどこでもセルフィーを撮る時代。
美しい自然や風景を自分の目で味わうことをせず、
“自撮り”に懸命になる観光客の姿はあらゆる場所で
見かける。 そんな観光客にうんざりしているのは、
どうやら動物も同じようだ。
このほど、そんな「うんざり感」を見事に表した最高の
セルフィーショットが、台湾人観光客によって撮影された。

日本で外国人観光客に人気の観光地は数多いが、なかでも
奈良県の奈良公園は国の天然記念物に指定されている
鹿がいることで有名だ。
日々多くの観光客がこの奈良公園を訪れる。
鹿も慣れたもので、食べ物を持っていると人を恐れる
ことなくグングン近付いてくるので、時に人間の側が
恐怖を感じてしまうほどだ。

そんな鹿とせっかくだからセルフィーを、と思う観光客も
あとを絶たない。 このほど、台湾人のホン・キキ
(Hong Qiqi)さんが鹿と撮ったセルフィーをFacebookの
台湾コミュニティーアカウント「Baoliao Commune」に
投稿し、これが英紙『Metro』で取り上げられ拡散、
大きな注目を集めている。

可愛らしく笑顔でポーズをきめているキキさんのすぐ
後ろで、鹿が横目でうんざりした表情を浮かべている。
キキさんと思われる女性が「私、セルフィーを撮るのが
下手なのかな」とのコメントとともに投稿した
この写真には、ネットユーザーから
「いや、それよりもセルフィーにハマる人たちに
うんざりした鹿の本音が表れているんだと思う」
といった声や 「餌を先にもらえなかったから、
ふてくされてるんじゃないの」といった声が
寄せられている。

奈良公園の鹿は観光客に慣れてしまっているため、
彼らを「餌をくれる人」と認識している。
「セルフィーに協力してほしいなら先に渡すものを渡して
からでないとイヤ」という鹿の思いが、たまたま
この写真に反映されてしまったのだろうか。
 http://japan.techinsight.jp/2016/09/ellis09120851.html

ニュース速報+ http://daily.2ch.net/newsplus/
東アジアnews+ http://mint.2ch.net/news4plus/
ニュース国際+ http://potato.2ch.net/news5plus/
PINKニュース+ http://phoebe.bbspink.com/pinkplus/

4:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
2016/09/16(金) 09:26:34.60 ID:0.net
鹿がシカト
そのまま

37:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
2016/09/16(金) 11:57:05.10 ID:0.net
>>4
しかと見届けた。

5:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
2016/09/16(金) 09:28:08.73 ID:0.net
誰かAA頼む

6:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
2016/09/16(金) 09:29:07.78 ID:0.net
女性は、台湾の人か。

7:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
2016/09/16(金) 09:30:01.60 ID:0.net
チッって舌打ちしてそうだ

10:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
2016/09/16(金) 09:37:37.43 ID:0.net
雌がメスを見る視線

14:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
2016/09/16(金) 09:58:10.51 ID:0.net
迷惑セルフィーを使う人に向ける冷たい視線の鹿?

15:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
2016/09/16(金) 09:58:24.74 ID:0.net
キキを感じたのだろう。

16:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
2016/09/16(金) 10:00:46.81 ID:0.net
これはシカたない

18:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
2016/09/16(金) 10:01:56.53 ID:0.net
シカめつらだな。
19:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
2016/09/16(金) 10:02:41.12 ID:0.net
シカも、怒って居る

20:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!
2016/09/16(金) 10:03:26.27 ID:0.net
シカられるセルフィー


[PR]
by buttonde | 2016-09-16 18:45 | | Trackback | Comments(0)
2016年07月24日
みんな違ってみんな良いではないか!
世界の珍しい猫や犬の仲間たち 28種
c0072801_650426.jpg
 アメリカの人口の47%が犬を飼い、37%が猫を飼って
いると言われている。日本では約16%の人が犬か猫を
飼っていると言われている。動物と共に暮らすという
ことは、大変なこともあるが楽しいこともうれしいことも
それ以上に多い。

 そして世界には、野生で暮らす犬や猫の仲間たちがいる。
ここに挙げた美しい動物の一部は世界でも希少であり、
いくつかは絶滅危惧種である。この記事ではそれぞれの
詳細は説明していないが、興味を持った動物がいたら
是非調べてほしい。その好奇心が彼らを絶滅から
救うことに繋がるのかもしれない。

1. サビイロネコ image credit
c0072801_6511281.jpg
 インドとスリランカに生息する世界最小の猫。

2. マヌルネコ image credit
c0072801_6503288.jpg
世界最古の種の一つと言われている。

3. マーゲイ image credit
c0072801_792872.jpg
 中南米での生息地の損失は、
彼らを絶滅の危険にさらしている。


[PR]
by buttonde | 2016-07-27 07:26 | | Trackback | Comments(0)