ブログトップ

風流荘風雅屋

buttonde.exblog.jp

お上品を目指す、のんき節

神社仏閣の画像貼ってく

1 :名無しさん@おーぷん
2017/01/31(火)14:38:43 ID:WPr
パソコンの勉強に集中できんから
あるだけ貼ってくわ
暇だったら見てってくれや
c0072801_649303.jpg



[PR]
by buttonde | 2017-06-01 07:30 | 風景 | Trackback | Comments(0)
御岳山登って来たから写真うp

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
2017/04/02(日) 22:37:39.045 ID:J0lgEorH0.net
東京都青梅市にある初心者向け低山や
c0072801_23491081.jpg
ケーブルカー乗ってる人、結構おったな
c0072801_23492121.jpg
2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
2017/04/02(日) 22:38:08.606 ID:J0lgEorH0.net
こっから登ったった
c0072801_23505920.jpg
山に来たって感じやな
c0072801_23511396.jpg
4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
2017/04/02(日) 22:39:31.380 ID:5htvZaDFa.net
>>2
苔がいいね!
パワースポット的な扱い受けてる?


[PR]
by buttonde | 2017-04-12 01:20 | 風景 | Trackback | Comments(0)
暇だし近所の神社巡りしてくる

1: 名無しさん@おーぷん
2017/04/02(日)09:46:46 ID:UUh
移動含めるからゆっくり写真上げる

下南室赤城神社
ちょうど春の例大祭でした
みんな「大々」って略すそう
c0072801_17512632.jpg
c0072801_1751393.jpg
c0072801_17515274.jpg



[PR]
by buttonde | 2017-04-11 18:25 | 風景 | Trackback | Comments(0)
2015年09月03日 神仏習合色の強い神社仏閣
c0072801_6393616.jpg
1: 名無しさん
2014/03/25(火)12:43:13 ID:H0TDRhn5M
神仏習合色の強いとこ教えてください
そういった祭事とかの情報なども

神仏習合(しんぶつしゅうごう)とは、日本土着の
神祇信仰と仏教信仰が混淆し一つの信仰体系として
再構成(習合)された宗教現象。
神仏混淆(しんぶつこんこう)ともいう。

神々の信仰は本来土着の素朴な信仰であり、共同体の
安寧を祈るものであった。神は特定のウジ(氏)や
ムラ(村)と結びついており、その信仰は極めて閉鎖的
だった。普遍宗教である仏教の伝来は、このような
伝統的な「神」観念に大きな影響を与えた。

仏教が社会に浸透する過程で伝統的な神祇信仰との
融和がはかられ、古代の王権が、天皇を天津神の
子孫とする神話のイデオロギーと、東大寺大仏に象徴
されるような仏教による鎮護国家の思想とをともに
採用したことなどから、奈良時代以降、神仏関係は
次第に緊密化し、平安時代には神前読経、
神宮寺が広まった。
wiki-神仏習合

2: 名無しさん
2014/03/25(火)22:26:01 ID:SSi8MRHzK
神道で般若心経を読むところ検索すると
それっぽいの引っかかるけどどうなのか
歴史をたどれば金刀比羅宮みたいに、
かつては神仏習合でやってたところも
少なくはないんだろうが

7: 名無しさん
2014/03/26(水)12:47:42 ID:lzyEDCYiK
>>2
金比羅宮って、明治維新で
無理矢理神道の神あてはめただけで
本来はあくまで「こんぴらさん」が祭神だかんねえ

しかも、つまりこれは、もともと薬師如来を守護する
十二神将の金比羅大将とイコールで
インドの元来としては、クンベーラ、
ガンジス川のワニを神格化したもの。

水神として航海安全で人気を暑め
江戸時代には「金」の字の当て字から、
金運という民間信仰で人気爆発。

はっきりいって元来神道の神じゃない。
まあ全国の弁天さん祀る神社なんかもそうだが。

8: 名無しさん
2014/03/27(木)16:40:18 ID:RWwFbEqf1
>>7
こんぴらふねふね~~(´∀` )
御池に帆かけてしゅらしゅしゅしゅ~~(´∀` )
もともと土着の海の神様がいたんだと思ってた
完全に仏教が最初なの?

4: 名無しさん
2014/03/26(水)01:12:03 ID:zfP5qGZxw
日本の神々は般若心経をことのほか好むとされ
江戸時代までは神社でも盛んに読まれたからね
文献学の世界では、あれは最後のサンスクリットの
「呪」がメインで
その意味は、この世もあの世も全てのものが
幸せでありますように、みたいな意味らしい。

寺でお神籤というはなしだけと
一方神社で御守りとか御札ってのもあれ本来寺で
神道には無かったものだったりする。


[PR]
by buttonde | 2015-09-04 06:50 | | Trackback | Comments(0)