ブログトップ

風流荘風雅屋

buttonde.exblog.jp

お上品を目指す、のんき節

2013年04月13日
江戸時代の屏風に描かれたワンコが超絶カワイイと話題

1: 縞三毛(栃木県) 2013/04/11(木)
有史より、人類の最良の友として我々のそばにいてくれた
ワンコ。ペットとしても、またキャラクターとしても
大人気なワンコだが、今、江戸時代に描かれたワンコの
絵が注目されている。

ウルウルした瞳でモフっと座る小型ワンコ、
これは完ッ全に可愛い! 時を超え、今、
ネットユーザーをメロメロにしているのだ!

可愛いと話題になっているのは、江戸時代の絵師・
長沢芦雪の作品「白象黒牛図屏風」だ。
この屏風には白い象と黒い牛が描かれているのだが、
黒い牛のお腹のあたりにご注目!
 モフモフの白ワンコがちょこんと座っているのだ。

投げ出された足がまたキャワイイ!「ペロッ☆」と舌を
出して、ちょっと首をかしげ、今にも「きゅ~ん」という
声が聞こえてきそうだ。そんな顔で見つめられたら
こっちが萌え萌えキュ~ンである!
 
なお、この『白象黒牛図屏風』は東北地方を巡回中の
「若冲が来てくれました―プライスコレクション
江戸絵画の美と生命―」で、実物と現寸大のレプリカを
見ることができるぞ。2013年4月現在、仙台市博物館で、
その後は岩手、そして福島で展示される予定である。

それにしても、江戸時代に、こんなゆるカワなワンコ絵が
描かれ、200年経った現在でも人々の心をつかみ続ける
とは……今も昔も萌えキュンセンサーは変わらないの
かもしれない!
 http://rocketnews24.com/2013/04/11/316542/
: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1365685297/
c0072801_0334720.jpg
c0072801_0343994.jpg
5: チーター(三重県)
2013/04/11(木) 22:02:54.30 ID:uemzhqEa0
>>1
姿勢がやばい

2: しぃ(新疆ウイグル自治区)
2013/04/11(木) 22:02:14.86 ID:i8648RkW0
うし・・・でか・・・

4: オシキャット(WiMAX)
2013/04/11(木) 22:02:50.31 ID:EAmWOTbO0
クマー


[PR]
by buttonde | 2013-04-18 07:20 | 日本画 | Trackback | Comments(0)
若冲展行ってきた。

セコホテルと墓場の地・山手線鶯谷駅で降り、
東京国立博物館・平成館を目指す。

この時期だから空いてるかなと思ったら、
混んでたど! ヽ(`Д´)ノ

みんな田舎へ帰らんのか。俺もだけど。
「この時期だから空いてるかな」とみんな思ってたのか。
c0072801_18114013.jpg
これだと客は少なそうだけど、この後もゾロゾロ。
中の人も多かった。でも昼前に着いたから、
先日の北斎展と違って落ち着いて見られた。

展示されていた円山応挙や長沢芦雪、鈴木其一とか、
いわゆる琳派の人達の絵も複数あって、大きく大雑把に
見える絵もある一方で、小さな扇子や色紙に描かれた絵は
やたらに細かい。
当時は筆でばかりで楕円定規も無いだろうに、
0,05ミリ以下と思える細い線で歪みも乱れもなく曲線が
並んでいたり、着物の柄の細やかさや豊富な色彩、
デザイン感覚、徹底的に細かく丁寧に描かれてる。
芸術家というべきか職人というべきか、尋常でない繊細緻密ぶり。
てな感想を、河鍋暁斎展の時も書いたっけ。

で、大胆というか大雑把に思われる(俺は思う)
長沢芦雪の「白象黒牛図屏風」。
c0072801_194276.jpg
畳3畳分にはなる大きな屏風、大雑把のようで、
その色使いから実は繊細かも、と無理して思うも、
牛や象に興味はない。
見ていた女性客、お若いのもそうでないのも、
同じなのかどうなのか、
全体は程々に、必ず一点に目が行き、その場を去る。
c0072801_1954111.jpg
        (・∀・)

この絵の見所になってるらしい。
※勿論、現場で撮影も隠し撮りもしていません。


[PR]
by buttonde | 2006-08-14 20:18 | 風景 | Trackback | Comments(0)