ブログトップ

風流荘風雅屋

buttonde.exblog.jp

お上品を目指す、のんき節

2018年11月16日
海外「日本には昔からライトノベルがあったのか」
1861年に日本で出版されたアメリカの独立戦争を描いた
絵本を見た海外の反応
c0072801_23404134.jpeg
image credit:waseda.ac.jp

早稲田大学でデジタル版が公開されている
童絵解万国噺 (おさなえときばんこくばなし)の
アメリカ建国の巻が海外の掲示板で紹介され
話題になっていました。
引用元:reddit.com

●投稿主

アメリカ副大統領ジョン・アダムズ
(※アメリカ初代副大統領、第2代大統領:wikipedia
c0072801_23404134.jpeg
大砲を撃つフランキリン(ベン・フランクリン)
c0072801_23432182.jpeg
イギリスの役人”アスラ”から妻カレル(キャロル?)を
救うために剣で戦うワシントン
(アスラとは仏教用語:wikipedia
(指を指しているのはジョン・アダムズ)
c0072801_23441128.jpeg



[PR]
# by buttonde | 2018-11-17 00:00 | 日本画 | Trackback | Comments(0)
2018/11/15
キャワワが溢れてる!
江戸時代の超大作小説「南総里見八犬伝」の表紙が
可愛いワンちゃんまみれなんだが!
Japaaan編集部
c0072801_14090531.jpeg
江戸時代の後期に曲亭馬琴(きょくていばきん)によって
書かれた超大作「南総里見八犬伝(なんそうさとみ
はっけんでん)」。文化11年(1814年)に刊行された
大作は28年もの歳月をかけて完結しました。
巻数は全98巻にも及びます。

江戸時代に書かれたものですが今日まで長く愛され
続けている作品で、歌舞伎の演目になり、演劇の題材になり、
里見八犬伝を原作とした映画やテレビドラマも数多く
制作されました。漫画もいろいろありますね。
今回はそんな南総里見八犬伝の内容…ではなく、
表紙に注目してみたいと思います。

最近気づいたんですが、江戸時代の南総里見八犬伝
原本の表紙はいつも犬をモチーフにしたデザインに
なっていて、シリーズ毎に違うデザインに
なっているんです。

その表紙のデザインがたまらなく可愛いんです!
c0072801_14100497.jpeg
c0072801_14103619.jpeg




[PR]
# by buttonde | 2018-11-16 14:55 | 日本画 | Trackback | Comments(0)